« 2017年11月 | メイン

2017年12月 アーカイブ

2017年12月03日

食と健康 「ビフィズス菌の力」

1556 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
食と健康 「ビフィズス菌の力」

ビフィズス菌は高熱に弱く、50度を超えると死んでし
まいます。また酸にも弱く、大腸に届く前に大方死んで
しまいます。
そこで健康食品メーカーでは、菌をカプセルに入れ、
直接大腸に届けるようにしています。

食物繊維を一緒に摂ると、腸内でビフィズス菌の餌と
なり、パワーがアップします。
肉ばかり食べていると腸内フローラが壊れ、ビフィズス
菌が減ってしまうので、野菜を一緒に摂るようにします。

赤ちゃんは、母乳を飲むことでビフィズス菌が増え、
生まれてから一週間ぐらいで、
腸内の90%以上を占め
るようになります。
それが大人になると10~20%になり、高齢になると
更に減ってしまいます。
腸内のバランスが崩れると、便秘や下痢になったり、
免疫力が低下したり、アレルギーに悩まされたりします。

1500g未満で生まれた未熟児は、腸が未発達です。
ビフィズス菌が極端に少ない状態で生まれてきます。

そこで、生まれて直ぐビフィズス菌を与えると、腸内
環境が改善され、感染症も減って体重も順調に増え、
アレルギーや喘息の発症率が低下します。

ビフィズス菌が赤ちゃんを守ってくれるのです。
大人も、アトピー性皮膚炎が改善し、脳を元気にする
との報告が寄せら れています。   

                       シンポジウム「腸内環境から未病を考える」より

2017年12月06日

食と健康 「腸内環境と健康寿命(3)」

1557 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
食と健康 「腸内環境と健康寿命(3)」

腸内を健康にするには、野菜と果物の摂取を増やすこと
です。食物繊維は腸内細菌の餌になります。
腸内の善玉、悪玉、日和見菌のバランスが良いと健康で
す。
加齢が、そのバランスを崩します。食べ物の変化、
ストレス、免疫力が弱ったとき、バランスが崩れます。

バランスの良い食事「マゴタチワヤサシイ」・・豆、
ゴマ、卵、乳(牛乳)、ワカメ、野菜、魚、シイタケ、
芋、の頭文字です。
豆には豆腐や納豆、ゴマにはクルミやアーモンドが
含まれます。次に「腹八分目」を守ること。

運動は、背筋を伸ばし速足で歩く・・胸を張って、
手を振って、目線を正面に向けて・・
すると呼吸がきれいになります。

ウオーキングが趣味の私は、ヘッドホーンを付けて、
アイフォンのジャズを聴きながら歩きます・・
リズミカルで楽しく、飽きずに歩けます。

お酒は、少量なら胃で吸収されます。2合3合と量が
増えると、どんどん腸に行ってしまいます。
これが良くない・・アルコールが腸に入ると、腸内細菌
が毒素を出す。その毒素が肝臓にダメージを与えて、
肝炎を引き起こす。
アルコール性肝炎は、酒量の多い人に起きる生活習慣病
です。

                                            順天堂大学名誉教授・佐藤信紘

2017年12月10日

金沢・卯辰山寺院群

1558 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「金沢・卯辰山寺院群」

1616年頃、加賀藩3代藩主・前田利常は、
一向一揆などの外敵から城を守る外堀として、金沢城下
3カ所に寺院を集めて配置した。

金沢城から見て北東の鬼門に当たる卯辰山山麓には、
50の寺社を配置。城の南東山手には「小立野寺院群」
そして城の南西、加賀平野から攻め上って来る外敵に
対しては、65寺を配置した「寺町寺院群」がある。

先週の日曜、寺町寺院群・4寺の、非公開文化財を見学
してきました。
古都金沢の3つの寺院群を散策すると、それぞれに趣き
があり、由緒あるお寺が次々見えてくるのです。
今回は「卯辰山寺院群」の中から、幾つかを紹介します。

[ 月心寺 ] 裏千家の祖「仙叟宗室」の墓
               大樋長左衛門代々の墓

[ 蓮昌寺 ] 金沢四大仏・釈迦如来立像
[ 玄門寺 ] 金沢四大仏・阿弥陀如来立像

                 IMG_4143 (2)

[ 真成寺 ] 初代中村歌右衛門の墓碑

         IMG_4150 (3)
    IMG_4151 (2)

[ 全性寺 ] 美しい楼門・仁王門には健脚を願う 
               大小様々な「わらじ」が奉納されている
        IMG_4158 (3)
        IMG_4159 (2)

[ 宝泉寺 ] 前田利家の守り神「摩利支天像」

[ 永久寺 ] 前田家の祈祷所

[ 龍国寺 ] 加賀友禅の祖「宮崎友禅斎」の墓
               友禅堂茶室

        IMG_4153 (2)

[ 妙国寺 ] 日蓮作・大黒天像

[ 心蓮社 ] 阿弥陀三尊来迎図 
               通称「目開きの阿弥陀」
               樹林に囲まれた遠州流庭園

2017年12月14日

日本5大醤油産地/大野

■金沢の伝統食品

金沢の伝統食品といえば、「かぶら寿司」
「すだれ麩」がある。
お茶の茎を焙煎したほうじ茶「加賀棒茶」も、
香ばしく豊かな甘みが特徴の金沢名産です。

子どもの頃、春と秋お祭りになると、赤飯に
「押しずし」や、寒天にとき卵を入れ羊かん
のようにした甘い「べろべろ」や「ぜんまい」
など、お祭りの御馳走を親戚間でやり取り
する習慣があった。



1559 【吉村外喜雄のなんだかんだ】

「日本5大醤油産地/大野」

金沢市内から4キロ西の、金石港に隣接する大野は、
千葉県の銚子と野田、兵庫県の龍野、香川県の小豆島と
ともに「日本5大醤油名産地」の一つに数えられる。


ほどよい甘さとまろやかさを併せ持つ「うまくち醤油」
は、江戸時代の初期に加賀藩の命を受けた商人、
直江屋伊兵衛が、紀州和歌山で醸造法を学んで持ち帰っ
たのが始まりとされ、加賀料理には欠かせない調味料で
す。
昭和の古い町並みを残す大野の町の一郭に、大野醤油
醸造の老舗、1825年創業の「直源醤油」がある。
       mainv_histry (2)
8代目の直江潤一郎社長に、200年老舗永続の要諦を
聞いた。
「伝統を受け継ぎつつ、その時々の社長が企業発展の
あり方をとことん考え、その結果を怖れずに新しい
新しいことを実行してきたからでしょう」
との答えが返ってきた。

「先々代は協業組合を作り、生産の合理化を進め、
先代はスーパーマーケットに販路を広げました。
いずれも当時は大きな冒険だったと思います・・」

そう語る直江社長も、和風ドレッシングなど、新商品の
開発に余念がない。

                                                           読売新聞「鼓門」

メルマガ購読受付

このブログの記事をメルマガで定期的にお届け致します。

メルマガ購読のお申し込みはこちら >>

About 2017年12月

2017年12月にブログ「吉村外喜雄のなんだかんだ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36