« 旧約聖書と新約聖書 | メイン | がんの手術は延命が目的 »

手術で治る乳ガン

1636 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
食と健康 「手術で治る乳ガン」

ガンの告知を受けたら・・あなたはどうしますか?
「手術をした方がいい」「いゃ・・しない方がいい」
「抗ガン剤は?」
西洋医学一辺倒の治療に対して、疑問を投げかける本が
本屋さんに沢山並んでいる・・

以下、丹羽韌負著「がん治療究極の選択」講談社新書
から・・
64歳未満の若い女性のガン死亡1位は”乳ガン”です。
乳ガンは、手術で完治できる数少ないガンです。
手術できるのであれば、絶対にした方がよいのです。

素人判断で、しこりがあるのに「大丈夫」などという
のはよくない・・しこりがあったら直ぐに取ってしまう
ことです。
小さなしこりは、いずれはガン化する可能性が高いから
です。異物ができること自体、何らかの異変になるので
す。
人間である以上、すべての人にガン因子が潜んでいます。
ストレスや食習慣、化学薬品、大気汚染などが原因で
ガン化していくのです。

乳房にできた乳ガンは、内臓の外にあるので転移しにく
い。手術をしたときに、他の臓器に転移することがない。
手術で完全に取れる部位なのです。

しかし、手術をためらって放置しておくと、進行して
肺や肝臓に移転します。手術が遅れると手遅れになって
しまいます。
乳ガンは、早く手術すれば治せるガンなのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2285

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)