« 手術で治る乳ガン | メイン | 手術をしてはいけないガン »

がんの手術は延命が目的

■ガンと診断されて5年後の生存率
〈 男性 〉
前立腺ガン/97.5%      皮膚ガン/92.2%

甲状腺ガン/89.5%

```````````````````````````````
膵臓ガン/7.9%          胆のうガン/
23.9%

肝臓ガン/33.5%  

〈 女性 〉
甲状腺ガン/94.9%       皮膚ガン/
92.5%

乳房ガン   /91.1%

```````````````````````````````
膵臓ガン/7.5%           胆のうガン/
21.1%

肝臓ガン/30.5%

                                  国立がん研究センター


1637 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
食と健康 「がんの手術は延命が目的」

以下、丹羽韌負著「がん治療究極の選択」講談社新書
から・・
乳がんと前立腺がん以外の癌は、患部を手術で取れば
延命できるけれど、どこかに根っこが残り、完治は難し
い。
癌は、転移再発の可能性が極めて高い、やっかいな病気
です。
再発を遅らせるには、ストレスをためず、食事に気を配
ります。そして、空気のきれいなところに住むようにし
ます。
食生活を改善するには、肉と乳製品を控えることです。
戦前、日本人は肉や乳製品を食べる習慣がなかった。
女性の乳がん患者も少なかった。

戦後、食生活の洋風化が、ガンや糖尿病、高血圧に絡む
病気を生む原因になった。
肉は、脂身の少ない赤身の肉なら、少しは食べても良い
が、中でも豚は、脂も肉もよくない。鶏肉は食べてもよい。

豚肉は、女性ホルモン過剰になり、乳腺を刺激てし
乳がんの引き金になる。
豚は男性にも良くない・・特に痛風の人にはよくない。
一発で症状が出ます!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2286

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)