« がんの手術は延命が目的 | メイン | ガンに新薬続々 »

手術をしてはいけないガン

■ガンによる死亡順位2016年) 

         1位   2位   3位    4位   5位
男性     肺      胃    大腸    肝臓    膵臓
女性    大腸    肺    膵臓     胃      乳房

 
                          国立がん研究センター


1638 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
食と健康 「手術をしてはいけないガン」

私の年齢になると、ほとんどの男性が前立腺肥大に悩み
、頻尿に悩んでいる。前立腺がんを患っている人もいる。

以下、丹羽韌負著「がん治療究極の選択」講談社新書
から・・
前立腺がんは、手術をせずに放置しても大丈夫なガンで
す。前立腺ガンの治療には、主に以下の3つがあります。

(1)手術でガンを切除してしまう
(2)放射線を照射してガン細胞を叩く
(3)ホルモン剤を投与して栄養源を断ち、
          ガンの成長を妨げる

ガンの進捗度により、医師は患者に(1)か(2)の
療法を薦める。患者は医師の言うまま、選択肢がない。
医師は、この二つの治療の後遺症の大変さを、患者に
伝えることを怠りがち・・

術後(1)は、尿意を催すと我慢できず、トイレに行き
つく前に漏らしてしまい、恥ずかしい思いをする。
それまで趣味だった旅行も、諦めるしかない。

術後(2)は、放射線照射が、がん細胞周辺の細胞に
影響し、膀こうや腸にガンが転移したとき、手術が難しく
なる。
トイレが近くなり、1時間も持たず、トイレのない所は
敬遠するようになる。頻尿の悩みも解消されない。

余計なことはしないほうがいい・・高齢なら尚更、手術
はいけない。ホルモン剤投与の治療で十分なのです。

私の周りにも、ホルモン治療を続けている80代の親戚
と友人がいる。その一人、84歳の叔父は、先月子ども
夫婦と孫を連れて、1週間シンガポール旅行を楽しんで
きた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2287

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)