« 2018年10月 | メイン

2018年11月 アーカイブ

2018年11月01日

幸せな人生 「才と徳」

1648 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
幸せな人生 「才と徳」

人間形成の過程で大切なものに「才」と「徳」がありま
す。
才は、私たちが物事を進めていくうえで必要な能力
で、「知識」と「技術」の2つが中心をなします。
一方「徳」は、人間の値打ち・人格を決めるものです。

全国を統一した徳川家康は、各藩に学問を奨励し、
朱子学を中心とする儒学の普及に努めました。
その結果、武士の生き方に”徳”の学が入り、武士道が
確立されました。

今日の日本で、才に長けた政治家や経営者の名前は
数多く挙げられますが、徳をそなえた者は、直ぐには
思い浮びません。

今年のプロ野球を制するのは広島でしょうか?それとも、
ソフトバンクでしょうか?
子供の頃から才能を発揮し、後世に名を残す名選手が
監督になり、チームを率いたら、成功するかといえば
そうはならない。

組織の中の一員として自らの才を発揮し、才を磨いて
成果を出し、才を更に高めていくことが、組織のためで
あり、求められるのです。

しかし、コーチや監督として、組織を束ねる立場になれ
ば、才に長けているだけではチームはまとめられません。
組織をまとめ、チーム一丸と総合力を発揮させるには、
”徳”をそなえたリーダーが、必要になってくるのです。

                                          谷崎利男「日本人の誇り」より

2018年11月04日

幸せな人生 「才と徳(2)」

1649 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
幸せな人生 「才と徳(2)」

タクシーに乗ると、運転手によって乗り心地が大いに
違うことがあります。挨拶の仕方、返事、顔つき、態度
などから発する雰囲気が、皆違うのです。

それは、運転手の”人柄”からにじみ出てくるものが
違うからです・・それが「徳」というものです。

才を磨いて二種免許を取り、タクシー運転手になり生活
の基盤を作り、収入を得て家族を養っていく。
生計を立てるには、世の中に役立つ「才」の能力が必要
になってくる。
その「才」を発揮し、お客様と長くお付き合いいただく
ためには、「徳」を身に着けることが必要になってくる。

「人は才がなければ生きられない。
  しかし、徳がなければ生きている価値がない」

人に使われ、部分的な仕事をしている平社員のときは、
才を磨いて成果を出すだけで良いのですが、管理職に
なり人の上に立つと、才のみでは勤まらない。

組織をまとめ、一丸となって総力を発揮するためには、
徳のリーダーが必要になってくる。部下の才は、徳の
ある上司のもとで初めて、能力を発揮するのです。

企業や組織は、才人が組織を支え、徳人がトップに立つ。
徳と才は陰と陽の関係にあり、徳人は才人を好み、
才人は徳人に引かれる。
両者が同じ目標に向かって進むとき、企業や組織は発展
する。
創業期・動乱期には、時代の変化に適応しながら改革
を進める”才人”が組織をけん引し、安定期には、組織
の安定拡大をもたらす”徳人”がリーダになって、組織
をまとめていく・・

動乱期の幕末に才人が活躍し、明治の新政府では徳人が
能力を発揮し、国を治めたように・・


                                           谷崎利男「日本人の誇り」より

2018年11月07日

幸せな人生 「才と徳(3)」

1650 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
幸せな人生 「才と徳(3)」


「才」と「徳」を完全に備えていれば”聖人”になる。
徳が才より勝っていれば”君子”になる。
才のみが長けている者は、やり手だが”小人”であ
る。
才も徳もない、私のような人間は”凡人”です。

才能豊かでも徳のない者は、自分のことしか考えず、
他人のために尽くすことができない”小人物”になる。
自信過剰で、おごり、自惚れが強く、鼻持ちの ならな
い人間に多く見られます。

スポーツ界でも、名選手必ずしも名監督でないのは 、
いくら才に優れていても、徳がなければ、監督としては
成功しないからです。
一方、才能を他人のために尽くすことができる者は、
器が大きい。
才に秀でた者は、何かと人目に立ちたがるが、
徳のある者は、それを表に出さず、凡人のように振る舞
う。
他人が見ていようがいまいが、世のために陰ひなたなく
、一生懸命取り組む”隠徳”を備えた人が、徳のある人
になる。「能ある鷹は爪を隠す」です・・

自らの才を磨くだけでなく、徳を修め、徳を磨いて初め
て”聖人”の域に達するのです。

2018年11月11日

ことば遊び 「落語の枕」

落語を演じるとき、
最初になくてはならない「まくら」・・

通常寄席で使われる”まくら”は
演目によって決まった内容で語られるが、
最近はオリジナルな要素を盛り込む
落語家が増えているようです。



1651 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
ことば遊び 「落語の枕」

[ 春風亭小朝のまくら ]

■母子の会話
子「お母さん、アメリカって遠いの?」
母「黙って泳ぎなさい・・」

■右に寄せた
「うちの師匠が脳梗塞で倒れまして、命はとりとめたん
ですが、左半身がマヒしちゃうようなことになりまし

ね、看護師さんが師匠にそのことを言いましたら、
そっとおちんちんを右に寄せました・・ 」

[ 桂文珍のまくら ]
■落語「くしゃみ講釈」のまくら

「あいも変わらずばかばかしいところをお付き合い
  いただきたいと思いますが、落語に出てまいります
  人物というのは、普通の社会性のある人ではござい
  ません・・
  そういう人物でないと面白くないというところも
  ありますから・・よろしくお付き合いください 」

[  桂枝雀のまくら ]
■赤道がテーマのとき
「私が子供のころは、海外旅行なんてのは夢のまた
  夢でございましてね・・あこがれのハワイ航路なんて
  ことを申しましてね、飛行機に乗っておりますと、

  スチュワ-デスさんが、右手の方をご覧ください・・
  てなことをおっしゃられまして・・見ると海の上に
  赤い線がズ~ッと、向こうからこっちへズ~ッと 」

[ 立川談志のまくら ]
■”水連”の達人

A「水連の達人てのを見てね・・」
B「へ~どこで?」
A「大河原、、上手から下手へス~と頭も上げずに
   泳いでいった・・ありゃあ見事だったね」
B(しばらく間を置いて)「土左衛門じゃねえのか?」

枕には、師匠のセンスが如実に現れてきます。
ですから、枕が面白い噺家さんは本物ですね。

メルマガ購読受付

このブログの記事をメルマガで定期的にお届け致します。

メルマガ購読のお申し込みはこちら >>

About 2018年11月

2018年11月にブログ「吉村外喜雄のなんだかんだ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2018年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36