« 2018年11月 | メイン

2018年12月 アーカイブ

2018年12月02日

釈迦の寓話/人間の実相(解説)


             IMG_2834

1658 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
幸せな人生
「釈迦の寓話/人間の実相(解説)」

釈迦は王様に「人間とは、人生とはどんなものか」を
寓話をもって説いたが、何を教えようとしたのか?

秋の夕暮れ果てしない広野を、木枯らしが吹く中、
一人の旅人が歩いていた


寓話の出だしは、人生の寂しさを表現した言葉から
始まっている。なぜ、人生は寂しいのか?
釈迦はそれを「独生独死、独去独来」と説いている。
(独り生まれ、独り死し、独り去り、独り来る)

生まれた時も、死んでいくときも1人。最初から最後
まで1人ぼっちの旅なのだ。

次に「旅人」・・私たちのことです。人生は旅に似てい
る。     旅は1か所に留まることなく、昨日から今日、
そして明日へと旅を続ける。

天気の良い日、雨や風の日、暑い日、寒い日、
上り坂もあれば、下り坂もある・・人生も同様だ。
この旅人は、行き先・目的地が明確であろう。

しかし、私たちの「人生の目的」は明確だろうか?
どんな人生を歩もうとしているのか?  何も考えずに
昨日から今日、明日へと、無為に生きていないだろうか
・・
人生の目的がハッキリしてこそ、頑張って生きていく
ことができる。ただ生きながらえるだけの人生なら、
この世に生まれてきた意味がない。

この世に生まれてきたことを心から喜べる「人生の目的」
を知ることが、いかに大切かを気づかせるために、
釈迦は私たちを「旅人」に例えたのです。 

                                     一万年堂出版・木村耕一緒「こころの朝」

2018年12月03日

釈迦の寓話/人間の実相(解説2)

            IMG_2834

1659 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
幸せな人生
「釈迦の寓話/人間の実相(解説2)」

釈迦は王様に「人間とはどんなものか」を寓話をもって
説いた。
旅人は薄暗くなった野道に散らばる白い物
  に気づいて何だろうと、拾い上げて驚いた。
  それは、人間の白骨ではないか
・・」

「白骨」・・他人の死を表している。
私たちは、この旅人のように、肉親や友人の突然の死に
驚く。

彼方から飢えに狂った、見るからに獰猛な大虎が、
  こちら目がけてまっしぐらに突進してくるではないか


「猛虎」・・自分の無常の死
癌の告知のように、死ぬことへの用意が何もできていな
い、安心しきっている時に突然死がやってくる。

藤ヅルを握りしめ、必死に崖を伝い下りて、
  虎の追撃から逃れた

「藤ヅル」・・人間の寿命を表している

藤ヅルの根元で、白と黒の鼠が藤ヅルを交互に、
  カリカリかじっているではないか。
  やがては白か黒、何れかの鼠に噛み切られる
  ことは必至である


「白と黒のネズミ」・・昼と夜を表している
二匹のネズミが、昼・夜交互に藤ヅルをかじり続ける。
人の生命が、昼も夜も一刻の休みもなく削られていく。
やがて昼か夜、何れかに噛み切られ、生命がつきる。
 

                                 一万年堂出版・木村耕一緒「こころの朝」

2018年12月05日

釈迦の寓話/人間の実相(解説3)


            IMG_2834

1660 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
幸せな人生
「釈迦の寓話/人間の実相(解説3)」

釈迦は王様に「人間とはどんなものか」を寓話をもって
説いた。
波間から、青と赤と黒の3匹の大きな竜が、
  真っ赤な口を開け、自分が落ちてくるのを、
  今か今かと待ち受けているではないか


「青い竜」・・底の知れない欲の心を表している
金が欲しい、物が欲しい、地位名誉が欲しい、
限りない欲に、どれだけ邪悪な思いをしてきたことか。

あの人がいなければ、こいつが失敗したら、あいつが
死ねばと、どれだけの人を心で蹴落とし、殺している
ことだろう・・
「赤い竜」・・欲の心が満たされず、妨げられると、
                      怒りの心が表れてくる。
「黒い竜」・・愚痴、ねたみ、恨みの心を表している

蜂の巣から甘い蜜が落ちてきた。
旅人は、
  甘い蜜に心を奪われ、現実の恐怖を忘れ、
  夢中になってなめた


「蜂蜜」・・食欲、財欲、色欲、名誉欲、睡眠欲 
                    人間の”五欲”を表している。

藤ヅルにぶら下がり、生死の境にありながら、一切を
忘れて、蜂蜜をなめることに夢中になっているのは、
誰のことか?
釈迦の寓話の中に、紛れもない自分の姿を見ることが
できるのです。  

                               一万年堂出版・木村耕一緒「こころの朝」

2018年12月09日

東京国立近代美術館が金沢に移転

1661  【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「東京国立近代美術館が金沢に移転」

東京国立近代美術館が、2020年金沢市に移築移転
してきます。移転先は兼六園に隣接する本多の森。
IMG_3045
 
「県立美術館」と、赤レンガのミュージアム「県立歴史
博物館」の間に挟まれた地に、日本海側初の国立美術館
が誕生します。
周辺には県立能楽堂、藩老本多蔵品館、成巽閣などが
あり、本多の森は石川県の伝統文化の香りが漂う観光
スポットになる。

移転に先がけ、東京の工芸館のコレクション、明治・
大正・昭和の工芸作家の作品を、数回に分けて県民に
紹介している。
           IMG_3049
今回はその中から「ガラス」「染織」「人形」「金工」の
作品の中から約50点、「いろどり と すがた」と
題して名品展が開催され、鑑賞してきました。

石川県は、江戸時代に花開いた加賀百万石文化が今に
受け継がれ、現代に華やかさと雅を伝えている。

伝統芸能では、加賀宝生流の「能楽」が、世界無形文化
遺産に登録され、県立能楽堂では毎月定例公演で、
能・狂言を鑑賞できます。

能のほか、茶道・華道・香道・三味線などが普及し、
伝統文化ではその他、加賀万歳、獅子舞、加賀鳶、
氷室、雪吊りなどがある。

伝統工芸も盛んで、輪島塗、山中漆器、九谷焼、加賀
友禅、七尾仏壇、加賀象嵌など、古くから伝わる伝統
工芸の技が地域の伝統産業となり、受け継がれている。

その他、加賀毛針、大樋焼、金沢和傘、加賀獅子頭、
加賀提灯、水引細工、桐工芸品、和紙などが知られてい
る。

メルマガ購読受付

このブログの記事をメルマガで定期的にお届け致します。

メルマガ購読のお申し込みはこちら >>

About 2018年12月

2018年12月にブログ「吉村外喜雄のなんだかんだ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2018年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36