« 2019年01月 | メイン

2019年02月 アーカイブ

2019年02月03日

問題は更なる成長のためにある

1678 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
幸せな人生
「問題は更なる成長のためにある」

どのような人生を選ぼうとも、問題のない人生などあり
ません。問題が大きければ大きいほど、乗り越えたとき
に大きな力になります。

問題のない人生が、正しい人生とはいえないのです。
問題のないことが問題なのです。問題を感じる感性が
鈍っているのです。問題があって当たり前なのです。

予想できないとんでもない大きな問題に出会った時
「天は、自分を大人物に育てようとしているのか・・」
と考える。
問題は天から与えられるもので、問題から逃げては
いけない。問題が出てこないことを願ってもいけない。
悩みや問題がないことが、決して幸せとはいえないので
す。
問題を乗り越えていってこその人生です。
問題のない人生では、成長はないということです。

これでもか、これでもかとやって、万策尽きたと思った
とき・・それでもあきらめずに「なにくそ!」と問題に
ぶつかっていく。
その時・・眠っていた”潜在能力”が目を覚ますのです。

問題にぶつかった時に何故か?問題を乗り越えるヒント
や、後押しをしてくれる人との出会いに恵まれる。
問題にチャレンジしていなければ、そうした出会いも
救世主も現れないのです。

簡単に乗り越えられる問題は、問題ではないのです。
乗り越えられないのは、「今の実力で」あるいは「今ま
でのやり方」でやっていたのでは、出来ないだけなので
す。
真の実力は、失敗の連続から生まれてきます。
入れ代わり立ち代わり現れて、悩ませる問題が己を
成長へと導くのです。 
                                          「感性論哲学」芳村思風語録より

2019年02月07日

あきらめずに繰り返す

1679 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
幸せな人生 「あきらめずに繰り返す」

朝の連続テレビ小説「まんぷく」
スープ作りの目途が立ち、麺づくりに入って右往左往。

繰り返し、繰り返し、繰り返して「万策尽きた」
「これ以上できることはない」というところまでやる。
それでもあきらめず結果が出るまで挑戦する・・
限界まで挑戦する。

弱気になりあきらめた瞬間、本当の失敗が現れる。
失敗は「その問題を乗り越えるために必要な能力とは
何か?」を教えてくれる。

理性で考えると「これ以上やっても無駄・無理」となる。
失敗が何度も何度も続いて、絶望的な時でも、
「なにくそ!」と思えるかどうか・・理屈ではない。

失敗を恐れない・・失敗のすべてが経験になる。
繰り返し、繰り返し、繰り返し・・万策尽きたと思って
も、あきらめずに挑戦し続けた時、眠っていた
”潜在能力”が目を覚ます。

理屈ではないから、理屈では考えられない奇跡が起きる
のです。あきらめない限り失敗ではないのです。

失敗の連続は、成功への確率を高めていく。
エジソンの「成功は99%の失敗から生まれる」
の名言のように、失敗は「何をしてはいけないか」を
教えてくれるのです。 
                                          「感性論哲学」芳村思風語録より

2019年02月10日

ことば遊び 「落語・風呂敷」

■回  文
左から読んでも右から読んでも同じ回文
財政の無駄遣いと言えば、バブルの頃
全国のダム建設がやり玉にあがった。

「うかつにダムを引く 国費を無駄に使う」
「何や出来ぬ? 死ぬ気でやんな」
「私等は 怨念を晴らしたわ」
「責任を取る取ると恩に着せ」
「税 要らないなら いいぜ」



1680 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
ことば遊び 「落語・風呂敷」

江戸時代の落語の創世記からある、艶笑古典落語です。
戦前では、間男不義密通の不倫噺と、官憲の検閲を受け
た。
♪亭主熊五郎の留守に、かみさんが間男を引きずり込み
指つ指されつ、しっぽり濡れている。
男の方はおっかなびっくりだが、かみさん・・
長屋のカカアみんなやっていると、一向に気にしない。

稼ぎもしないで遊び歩く亭主に愛想が尽きたかみさん、
亭主を乗り換えて、おまえさんと添い遂げたいと、
気を引く。
馬肉や油揚げをたらふく食って、酒を飲み、
亭主は横須賀に行って帰りは明日と・・今夜はゆっくり。

と、路地のどぶ板を踏む足音・・
戸をトントン叩いて「おい、今けえった」
かみさん・・慌てて間男を戸棚に押し込んだ。
どうせ酔っぱらっているから・・スキを見て逃す算段。

亭主の熊五郎・・家に入るなり「たいそう御膳が出て
いるな」と戸棚の前に寝そべると、高いびき。
これでは戸が開けられないと、かみさんが困っていると
、そこに現れたのが鳶頭。

かみさん・・拝み倒して成ゆきを白状し、
「お願い、助けてくださいな」と頼むので、
鳶頭、見捨てる訳にもいかないと、
かみさんを外に出すと、熊をゆさぶり起こす。

寝ぼけ眼の熊に、かみさんは買い物に行ったとごまかし
『今日友達の家に行ったらな、おかしな話があったんだ。
  そこの亭主というのが、稼ぎもろくろく出来ねえから、
  かみさんが間男をくわえ込んだのよ・・』

「へえ、とんでもねえアマだ」
『どうせ宿六は帰るめえと思って、情夫を引きずり込ん
で一杯やっている所へ、亭主が帰って来たと思え。
で、そのカカアあわ食って戸棚に男を隠しちまった』
「へえ~」
『すると亭主酔っぱらってその戸棚の前に寝ちまった』
「そりゃ・・困ったろう」
『そこで俺が、かみさんに頼まれて、そいつを逃がして
やった』
熊がどんなふうに逃がしたか、聞かしてくれと頼むので
鳶頭『おめえみたいに寝転んでいたやつを、首に手を
         こうかけて起こして』 
「ふん ふん」
『キョロキョロしちゃあいけねえから、脇の風呂敷ィ
取って亭主の顔へこう巻きつけて・・
どうだ、見えねえだろう。そこで俺も安心して、
戸をこういう塩梅にガラリと開けた・・と思いねえ』

間男を出してやり、拝んでねえで逃げろ・・
と目くばせしておいて
『そいつが影も形もなくなった途端に、戸を閉めて、
それから亭主にかぶせた風呂敷を、こうやって・・』
とパッと取ると、熊が膝をポンと叩いて

「なあるほど、こいつはいい工夫だ・・
  どんな亭主か、面が見たい」

2019年02月12日

大阪なおみ、頂点の壁を破る

1681 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「大阪なおみ、頂点の壁を破る」

大阪なおみ選手は、四大タイトルのうち二つを立て続け
に優勝。自らの壁を破って世界の頂点に立った。

ところで日本の選手は、過去”いざ”という時勝てない
ことが多かった。技は飛びぬけているが、勝てない練習
をやっていた。
なぜ、世界の頂点に立つ日本人が少ないのか?
世界の頂点に立つためには、それまで正しいと考え
られてきた練習法を、改める必要があります。

「頂点に立てない練習」とは・・
①  効率よく沢山練習する   ②  満点にこだわる
③  メンタルを鍛える

これらは損得の思考であり、これまで誰もが正しいと
考えていたものです。しかし、脳の才能を発揮するには
良くないのです。

①の効率を求めすぎると、独創性がなくなり、
相手の予期せぬ技に対抗できなくなる。また、自分も
相手の意表を突くプレーができなくなる。

②の満点にこだわると、引き算で物事を考えるように
なり、無意識に守りに入ってしまう。

何れも、
日本人に共通する弱点です。
スポーツではよく「平常心」が問われますが、本当に
大切なのは「桁違いの考え」をすることなのです。

形に捕らわれない「桁違いの練習」をし、試合では
「自分はそこら一般の選手とは違う」と考え、臨むこと
が、頂点の壁を破るのです。

「相手の選手とは互角」と試合に臨めば、試合は抜きつ
抜かれつの展開になるでしょう。また「勝てる」と思え
ば、無意識に気持ちが緩み、逆転を食らってしまう。

平常心を心がけるより、「相手を飲み込んでしまうほど
の強い意思で、最後まで持続する」ことが大切なのです。

                       日大名誉教授・林成之「脳活マスター」より

メルマガ購読受付

このブログの記事をメルマガで定期的にお届け致します。

メルマガ購読のお申し込みはこちら >>

About 2019年02月

2019年02月にブログ「吉村外喜雄のなんだかんだ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2019年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36