« ■佐藤一斎「言志四録 | メイン | 悪魔のおにぎり »

統計をめぐるエピソード

・統計をめぐる名言

「統計であらゆることが証明できる。
                            ただし、真実を除いて」


    
1684 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
「統計をめぐるエピソード」 」

厚生労働省は、統計に関する不手際で、またも世間を
騒がせている。
毎月勤労統計を巡る長年のずさんな調査にはあきれる
ばかり。本来の手法によらず、東京都だけ抽出調査を
行い、事実を伏せていた。

1936年の米大統領選挙・・世界恐慌のさなかに就任
した民主党のルーズベルト大統領が再選を目指し、
共和党のランドン候補と戦った。

某有力紙は200万人の調査で、ラドン氏勝利を予測し
た。
これに対し、わずか3千人の調査でルーズベルトの勝利
を的中させたのが、後に抽出調査で確度の高い結果を出
し、有名調査会社となるギャラップ社です。

終戦直後、吉田茂は「食糧不足の日本は、このままでは
餓死者が大勢出る」とGHQのマッカーサーに訴え、
米国から大量の食糧を送らせた。

GHQ「そんな状況にはなならない、日本の統計は
         でたらめだ」と詰め寄られるや・・
吉田「日本の統計が正しかったら、米国と戦争などして
いない」
ユーモアを武器に、和製チャーチルと評された元
元首の面目躍如たるエピソードです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2333

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)