« 平成を振り返って・・ | メイン | 地下街も新技術で道案内 »

バブル崩壊とゴルフ会員権

 

1694 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「バブル崩壊とゴルフ会員権」

かっては富裕層のステータスで、資産価値の高かった
ゴルフ会員権は、
バブル崩壊で価格は急落。
現在ピーク時の24分の1、わずか3%にまで下落して
紙屑同様になった。

1980年には、全国の平均が4百万円台後半だった
相場価格は、バブル経済の不動産価格の急騰と共に
急上昇して、
10年後、バブルが弾ける直前の1990
年には4千万円弱にまで高騰した。
わずか10年の間に、10倍に膨ら んだのです。

ゴルフ場の土地や建物の値上がりを期待した会員権は、
絶好の投機対象になり、注目を浴びたのです。
マネーゲームに踊らされ、我も我もと員権を買い求めた
のです。
当時ゴルフとは無縁の私・・金沢近郊のSゴルフ場開発
に伴う会員募集で、お世話になっていたH銀行支店長
の熱心な勧誘を受け、固持していたが・・

「まだまだ値上がりします。しかも元本保証!全額無担
保融資します」の勧誘に負け、投機目的で800万円で
購入した。
バブル崩壊後、株価とともに会員価格は急落。
売ろうに売れず、毎年3万5千円の年会費を収めていた。

IMG_3476


平成16年ゴルフ場は倒産・・会員権は紙くずになった。
「元本保証」は支店長の口から出まかせだった。

現在、ゴルフ環境はレジャーの多様化、所得の落ち込み
などで、ゴルフを楽しむ若年層が減少している。
バブル崩壊時1480万人だったゴルフ人口は、
平成17年には670万人に半減している。 

平成12年以降景気が回復して、それまで7千円台だっ
た株価が、3倍近く上昇し2万円台に・・
しかし、ゴルフ会員権は30年後の今、株価との相関性
は薄く、投機商品としての側面は消滅した。

     
                                                  日経新聞「平成の30年」より

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2343

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)