« 兼六園の菊桜 | メイン | 腸内フローラ »

永平寺/名前の由来

■「天上天下 唯我独尊」
4月8日はお釈迦様の誕生日です。

釈迦が誕生した直後に、7歩歩いて
右手は天を指し、左手は地を指して、
「天上天下 唯我独尊」と言ったという
伝説です


1707 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「永平寺/名前の由来」

新元号の”令和”は、万葉集「梅花の歌」から・・
「明日への希望と共に、日本人1人ひとりが大きな花を
咲かせる」という願いを込めて選ばれました。

金沢市の”金沢”は、兼六園の「金城霊沢」から・・
その昔「芋堀藤五郎が芋を洗っていたら、砂金が出て
きた」という逸話から、金沢の地名が生まれた。

福井県永平寺は、道元禅師によって開かれた曹洞宗の
大本山です。お寺の名称”永平”の由来は・・

寛元四年(1246年)道元禅師は、上堂での説法で、
中国に仏教が伝来した後漢・明帝の永平10年の年号を
採って「天上天下 当処永平」と宣言され、永平寺と
改称した。
「永平」は、永久に平和を願って付けられた年号ですが、
頭で理解するだけでは、永久の平和は望めません。

お釈迦様は、座禅を組み、体で仏道の悟を開かれた。
頭で考え、念仏を唱えているだけでは、仏の世界は治ま
らない。
やはり体得で、体で、それを悟らなければなりません。
口で言うより実行・・実行で示す。
頭で考えている間は ”迷い”だ。

世の中はみな頭で考え、あれこれ言っている。
頭でなんぼ立派なことを考え、言っても、実行が伴わな
ければ何の意味もない。
口でいくら説いても、それは解釈に過ぎない。

座禅をもって実行する・・体で実行する。
只管打坐(しかんたざ)」
ひたすら、余念を交えず座禅することです。

                                                          永平寺・宮崎奕保禅師

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2356

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)