« 2019年11月 | メイン

2019年12月 アーカイブ

2019年12月01日

廃県置州で日本に活力を(2)

1766  【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「廃県置州で日本に活力を(2)」

昭和38年、豪雪の年の2月下旬、私は就職のため、
煙を吐く夜行列車で、10時間かけて東京に行った。
 
今は、北陸新幹線で東京までわずか2時間半・・
気軽に日帰り出来るようになった。

器が年々小さくなっているのに、その器が明治初期の線引
きのままというのはおかしい。徒歩や馬の時代に作られた
行政割が、今の時代に合わなくなっている。

この狭い日本に47都道府県・・あたかも47の国がある
ようです。
 
石川県は、江戸時代の加賀藩のように、知事も議員も職員
も県民も、隣県の富山や福井の予算や事業計画を知らない
し、無関心である。
あるのは「隣県にあるからウチもつくる」という対抗意識
だけ・・広域圏に1つあれば十分の空港が、各県に1つ
2つと造られ、今では全国に97ヶ所もある。

面積がカリフォルニア州ほどの日本に、「オラが県にも
空港を」と競った結果が
・・しかも9割が赤字です!

対抗意識が箱モノを増やし、維持管理の非効率化を招き、
今後、都道府県の財政悪化が懸念されるのです。

行政区の区割りを野放しにしてきた結果、住民には重い
税負担が強いられ、行政サービスの劣化招くことになる。
思い切った改革を断行をしなければならない時に
来ている
のです。

2019年12月03日

はやぶさ2が帰ってくる

1767 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「はやぶさ2が帰ってくる」

日本の小惑星探査機”はやぶさ2”は、2014年12月
3日、種子島宇宙センターからHー2Aロケットで打ち上
げられた。
あれから丁度5年目の2019年12月3日の昨日、
約1年半滞在した小惑星”リュウグウ”の探査を終えて、
地球への帰還飛行に入った。

来年2020年12月ごろ地球に接近し、小惑星の
石の
入ったカプセルを地球に投下した後、残った燃料を使って
再度、他の星の探査に出かけます。

地球に近づき過ぎると、重力に引かれて成層圏に落ちて
しまいます。そこで数十万キロ離れたところから、オー
ストラリアの砂漠めがけてカプセルを投下します。

今回の”はやぶさ2”の目的は、太陽系の起源と進化、
生命の源の解明に繋がる手がかりを得ることです。

小惑星リュウグウは、前回”はやぶさ”が目指した小惑星
イトカワと比べると、より始原的な天体で、岩石には有機
物や含水鉱物がより多く含まれると、期待するのです。

届いた石は研究者が分析し、太陽系がどうやって出来たか
? 地球や生物の誕生・・などが分かる手がかりになる

もしれません。

2019年12月07日

ガン治療第4の道/免疫療法

1768 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
食と健康 「ガン治療第4の道/免疫療法」

今年の五月、「CARーT(カーティー)療法」という
ガン治療の最新技術を使った薬が、
保険の適用になった。

抗がん剤など、従来の治療法を幾つか試みたNさん・・
うまくいかず、再発を繰り返してい
た。
血液をつくる幹細胞を自身の体から取り出し、増やして
戻す「自家移植」も試みたが・・再発。

「私はもうだめ」とあきらめかけた時・・
「CARーT(カーティー)療法」を知った。
たった30分の点滴・・40度を超す熱や血圧低下に襲わ
れたが、ガンは消滅した。3年たった現在も再発していな
い。
CARーT療法は、患者自身の免疫力を生かしてガンと
闘う”T細胞”を体から取り出し、ガンを見つけて攻撃す
る”遺伝子”を細胞に入れ、体に戻してやる。

治療では、抗がん剤が効かない、白血病患者の8割以上、
悪性リンパ腫では、5割以上で効果があった。

CARーTを含む「免疫療法」は手術、放射線治療、
抗がん剤に次ぐ「第4のガン治療法」として、注目される
のです。
世界では、固形ガンに効果のある新薬の開発競争に
しのぎを削っているが、現時点では
、CARーT療法は、
肺や大腸などの固形ガンには効果が薄い。

遺伝子をT細胞に入れるとき、通常は遺伝子を載せた
ウイルスを細胞に入れて感染させる。
名古屋大学ではウイルスの代わりに、安い酵素を使う技術
を確立した。

遺伝子を操作する最新技術の免疫治療薬は、
大量生産が難しく、日本では3300万円と超高額です。
患者の負担を減らそうと、1千万円を切る価格の薬も可能
になってきているが・・

ガンと闘い続ける人類。ガン患者の生存率は年々上昇し、
昨年の日本のガン全体の5年生存率は、65.8%に・・
ガン治療新薬が次々開発されて、生存率が伸びてきている
のです。ガンが治る病になるのは、遠いことではなさそうです。
                                      
                                                              日経新聞「ガンは克服できるか」

2019年12月12日

背骨の病を自力で治した私

1769 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
健康 「背骨の病を自力で治した私」

6年前の10月30日、ゴルフ練習場でパター練習を終え
打席に戻った直後、左足がフワフワ浮いたようになり

立つことも歩くことも出来なくなった。
人の手を借りなければ一歩も歩けなくなったのです。

翌日、近所の医院でレントゲンを撮ったところ、背骨の下
から4番と5番が「坐骨神経痛」、6番と7番が「脊椎狭
窄症」と診断され、
医師から手術を勧められた。

「手術で完治する比率は50%」と医師に告げられ、
入院・手術を断り、自力で治すことにした。
翌日から、以下のリハビリ治療を開始した。

①泳ぎが得意な私・・近所の市営プールに通い、
  毎日
1キロ~2キロ泳いで、背筋を鍛えた。

②24段変速サイクリング自転車を買ってきた。
   お天気の良い日に遠出して、自転車を漕いだ。

③通販で健康機器を買い求め、
   部屋に置いて屈伸運動・・背筋を鍛えた。

サイクリングを始めてしばらくは、漕ぐたびに背中に痛み
が走った。
冬の間毎日①~③を続けていたら、4ケ月後みごと完治!
3月から、ゴルフとスキューバーダイビングを再開。

あれから6年。坐骨神経痛も腰痛も再発することなく、
ゴルフ、スキューバーダイビング、サイクリンク、そして
海外でトレッキングを楽しんでいる。

今年は、フィリピン・セブ島と久米島でスキューバーダイ
ビングを楽しみ、3月にはネパールの8千㍍ アンナプル
ナ連峰を望む、3200㍍のプーンヒルに登った。

8月には、しまなみ海道を尾道から大三島までサイクリン
グを楽しみ、
同好会の大会にも参加した。 
今年78歳・・坐骨神経痛や狭窄症が再発しないことを
願い、背筋を鍛えている。

 

メルマガ購読受付

このブログの記事をメルマガで定期的にお届け致します。

メルマガ購読のお申し込みはこちら >>

About 2019年12月

2019年12月にブログ「吉村外喜雄のなんだかんだ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2019年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36