« 2020年08月 | メイン

2020年09月 アーカイブ

2020年09月02日

海の生物と共生関係

IMG_1949  
バラクーダの群れ

IMG_1958
マレーシア/シバタン島にて



1846 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「海の生物と共生関係」

例年夏には、パラオか沖縄の海に潜っている私。
今年は一切中止に・・
そこで気晴らしに海の話題を。
 

サンゴ礁に潜って、目に入るのが”共生”
種類の異なる生物が、相手の足りないところを補 い合い
ながら、仲良く生きていく関係を”共生”といいます。

よく知られているのにサンゴの共生があります。
海底に群生するサンゴは多種多彩で、
一見植物のように見えるが、
動物です。

体内に褐虫藻(かっちゅうそう)と呼ばれる植物プランク
トンを共生させて、褐虫藻が光合成で作り出す栄養をもら
ってサンゴは生きていく。
一方の褐虫藻は、サンゴが代謝した二酸化炭素を貰って
生きる共生関係にある。

ところが、地球温暖化の影響で海水温が上昇。
褐虫藻はたまらずサンゴから離れていく。共生相手を
失ったサンゴは
「白化」が進み、真白になって死んでいく。

i009_1

イソギンチャクとクマノミの共生
もよく知られている。
クマノミは、イソギンチャクの中に隠れて身を守ってもら
い、イソギンチャクは、クマノミに敵を追っ払って貰い、
餌の一部を分けて貰い共生する。

20131113115357

ハゼとテッポウエビの共生
砂地に棲むテッポウエビが深く掘った穴に、ハゼが入り
共生する。
ハゼは、巣穴を提供してもらう代わりに、近寄ってくる
外敵をいち早く察知して、瞬時に 穴に逃げ込む”歩哨”の
役目をして、テッポウエビを守って くれます。
ph_02

寄生虫を取ってくれるベラ
ベラ”は、大きな魚の体に付着した寄生虫を食べ、
クリーニングしてくれる。
大きな魚はベラが棲まうところにやっ てきて、
ベラが寄生虫を取ってくれている間、おとなしくしている。


食べられる恐れのないベラ・・大きく空けた口の奥まで
入り込み、掃除をする共生関係にある
のです。

tr_honsome-768x576

2020年09月05日

朝ドラ・エール/藤堂先生が放った名言

1847 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
幸せな人生
「朝ドラ・エール/藤堂先生が放った名言」

運動会の競争でみんなが見ている前でコケて、立ち上がれ
ない裕一の姿を目にした藤堂先生。
言葉で叱咤激励するのではなく、顧問を務めるハーモニカ
部の演奏で奮い立たせ、ゴールに待ち構えて倒れ込む裕一
をキャッチする。

裕一の秀でた音楽の才能に驚いた藤堂先生が発した言葉で
す。
人よりほんの少し努力するのが辛くなくて、
   ほんの少し人より簡単にできること・・
   それがお前の得意なものだ。
   それが見つかれば、しがみつけ。必ず道は開ける


なんでもいい、夢中になれるものを探せ!
   それがあれば生きていけっから
」  

気合が足りない!と教師に平手打ちされたところへ現れた
藤堂先生・・
僕と君、同じ顔をしているか? 歩く速さも違う。
   話し方も違う。違いを気にするな
        」
この励ましに裕一は救われた。

貧しさから借金を重ねて夜逃げする魚屋の息子・鉄男は
詩を編むのが大好き。
言葉を綴る才能があることを見抜いて・・

頼ることは恥ずかしいことじゃない。
   自分の才能から逃げるな! 一生後悔するぞ

2020年09月09日

偉人や成功者は、すべてが万能だったわけではない

1848 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
幸せな人生
「偉人や成功者は全てが万能だったわけではない」

世界の偉人や成功者と言われる人たち・・
子どもの頃から、すべてが万能だったわけではない。

「 アインシュタインは2回も落第した 」
「 ルーズベルトはクラスの最下位だった 」

「アップル創業者のジョブズは子どもの時、好奇心から
   殺虫剤を瓶ごと飲んで病院に担ぎ込まれた 」

「小学生のガンジーは、同級生に話し掛けられるのが
   怖くて、授業が終わると一目散に帰った 」

「少年時代のエジソンは、人が飛べる薬を開発したと友達
   に飲ませた。当然飛べるはずもなく、友人は腹痛を起こし、
   大騒ぎになった」

「 チャーチルの小学校の成績は最下位だった 」
「 坂本竜馬は、おねしょがなかなか治らなかった 」

映画「ロッキー」・・ロッキーは人を奮い立たせ、励まして
くれた。ロッキーの対戦相手は世界王者。
勝てる見込みのない試合を前に、恋人エイドリアンが言っ
た・・「ロッキーにだってチャンスはあるはずよ!」

あの有名な偉人たち・・皆と同じ普通の子どもだったのです。
そのまま普通で終わらなかったのは、懸命に学び、努力し、
志を立てて身を起こしたからですだ。

途中うまくいかなくて悩んだり、恥ずかしい思いをした
ことが幾度となくあった。
自分の得意な道、好きな道を見つけて、大きな夢を膨ら
ませ、それが志になり、いつしか成功者と言われるようにな
った・・
人にはない強みを見つけることができたら、誰にもチャンス
があるのです。

2020年09月12日

夢出せ! 知恵出せ! 元気出せ!

1849 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
幸せな人生
「 夢出せ! 知恵出せ! 元気出せ!」

新型コロナは、日本や世界の国々を、そして私たちを、
生死に関わる先の見えない状況に追い込もうとしている。

以下、小野晋也著「幸せについて考えよう」第二講・・
人生とは/夢出せ! 知恵出せ! 元気出せ!
からの抜粋です。

人が人生の中で何か、とても困難な状況に遭遇したとき、
往々にして、目の前にある問題だけを取り上げて、
だからこれは大変な事態なのだと、語りがちです・・

多くの場合、その目の前の問題よりも、もっと大きく深刻
な問題が、その奥に潜んでいることに、気づかなければ
なら ないのです。
それは一体何かといえば、大きく三つの問題があります。

人がどのように人生を生きていくかという問題の根底には、
その人がどのような「人生観」を胸に抱いているのか・・
ということが大きな課題として挙げられるのです。

よく生きてこその人生! それがより良いものになるため
には、的確な目標としての”
その目標への道筋を教えてくれる”知恵
そしてその目標にたどり着くために必要な
エネルギーとしての”元気

この三つの要素が必要になってくる。
つまり、より良き人生を生きるためには、
夢と知恵と元気の総和」が最も大きなものになる・・
そんな生き方を目指すことな
のです。

2020年09月16日

それから十年頑張る

1850 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
幸せな人生 「それから十年頑張る」

■人生が面白い

   職業に   上下もなければ   貴賎もない 
   世のため   人のために役立つことなら
   何をしようと自由である   しかしどうせやるなら  
   覚悟を決めて十年やる

   すると   二十歳からでも   
   三十までには   ひと仕事できるものである
   それから十年本気でやる
   すると   四十までには頭を上げるものだが 
   それでいい気にならずに   また十年頑張る   

   すると   五十までには群を抜く
    しかし   五十の声を聞いたとき  
   大抵の者は息を抜くが   それがいけない

   これからが仕上げだと   新しい気持ちでまた頑張る 
   すると   六十ともなれば   もう相当に実を結ぶ
   だろう   だが月並みの人間は   この辺で
   楽隠居がしたくなるが   それから十年頑張る

   すると   七十の祝いは盛んにやってもらえるだろう
   しかし   それからまた十年頑張る
   すると   この頃が一生で一番面白い

`````````````````````````````````````````````````````
我が人生79年を振り返ると・・上記の格言のように
年齢を重ね、
70歳を過ぎて現役を引退してからは、
ストレスからも解放され、今が「一生で一番面白い」
のです

2020年09月19日

コロナの時代を詠む

1851 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
心と体の健康 「コロナの時代を詠む」

人気タレントの志村けんさんが、新型コロナウイルスに
よる肺炎で死去した・・この突然の報道に驚き、ショック
を受けた。
志村けんさんがお骨となって帰ってくるまで、家族は会え
なかった・・亡くなった方と遺族の対面が許されなかった
のです。
出生と葬式は人生の二大行事です。

人が亡くなるということは、その人の尊厳が最後に保証
されるべき場で、そのお別れの場を奪われてしまった家族
の憤懣は計り知れず、無念さはいつまでも残っていく。
今回の報道で初めて表に出た、憂うべき問題です。

「愛している人を失う悲しみは
   その人の前で 輝いていた自分が失われる悲しみ」
                                                    歌人・永田和宏

人は誰しも、突然発生した悲しみを受け止めることが
できない。
お通夜や葬式、斎場でお骨になる前の最後のお別れ
する・・そうしたプロセスを踏んで、少しづつ愛する人に
先立たれた悲しみを和らげていく。

こうした「喪の作業」の一切を奪ってしまう新型コロナウイ
ルス・・突然遺骨となって帰されてきても、遺族には心の
準備ができていないのです。

死者を大切に悼むという、残された人たちが納得する
プロセスが、行政に抜け落ちてしまっている。

死者に近寄らせない、触れさせないことが、本当に必要
で大切なことなのか・・疑問に思うのです。
感染症で亡くなった人の体内には、まだウイルスが残って
いるだろう・・

しかし、呼吸はしないし、ウイルスを吐き出すこともない。
死者の顔や手を消毒し、家族は隔離された死者と、
ガラス越しにでもお別れすることができれば・・
感染することはないと思うのですが。
                                           NHK「こころの時代」より

メルマガ購読受付

このブログの記事をメルマガで定期的にお届け致します。

メルマガ購読のお申し込みはこちら >>

About 2020年09月

2020年09月にブログ「吉村外喜雄のなんだかんだ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2020年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36