« 2019年02月 | メイン

2019年03月 アーカイブ

2019年03月04日

21世紀美術館のプール

IMG_3170 


1686 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「21世紀美術館のプール」

ガラス張りの円形建物として、金沢の観光名所になった
21世紀美術館の人気作品は、現代美術家レアンドロの
「スイミング・プール」です。 
      IMG_3173

このプールの底には透明ガラスが貼られている。
水が入れられたプールの底の地下部は空洞で、
人が入れるようになっている。 
     IMG_3175


地上からプールをのぞき込むと、地階から仰ぎ上げる
人の姿が見え、地階にいる人からも地上の人が見える
・・そんな作品です。

現在、地階部に入るには有料になっている。
この4月からは、地上部での観覧も有料になる。
特別展かコレクション展のチケットを購入した人のみ
観覧できるという。

2015年北陸新幹線開通後、来館者は年間200万人
を超え、混雑するようになった。
プールのヘリに立って「自撮り」する人が後を絶たず、
転落防止のため、職員を配置しなければならない。

「遠くから観覧に来た人が、作品をじっくり見てもらう」
のが、有料にする目的だという。

2019年03月07日

本多通り・樹齢100年の大樹

      IMG_3167

1687 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「本多通り・樹齢100年の大樹」

21世紀美術館から金沢歌劇場に向かう「本多通り」に
樹齢100年、高さ30メートルのモミの巨樹がある。

明治30年まで、JR金沢駅近く本町1丁目にあった
旧制金沢第一中学が、本多通りの加賀藩重臣・本多安房
守の中屋敷の跡地(現・21世紀美術館)に新築、移転
してきた。
当時、第一中学周辺は大木が多く茂り、一中の生徒は
「本多が森」と愛称していた。
このモミの大樹は一中の校門近く、教官室横の土塀際に
あったと伝えられる。

昭和12年金沢一中は、富樫町(現在の泉野出町)に
再度移転。戦後昭和24年に、金沢泉丘高等学校に校名
が変わった後も、その歴史と伝統は今日に引き継がれて
いる。 
          IMG_3413


本多の森で40年間シンボルとなり、文武両道に励む
一中健児の姿を眺めてきたモミの樹。
生徒たちが去った後、本多道路が金沢再開発による
拡張の時にも伐採されず、一中のなごりを残すことに
なった。
樹齢100年を超す、高さ30メートルのこの大樹は、
本多通りの道幅を狭め、交通渋滞の原因になっている。

にもかかわらず生き残ったのは、歴史と伝統の金沢故の
計らいでしょう・・市民から伐採の声はなく、逆に保存
・保護の声が聞こえてくるのです。

2019年03月17日

寿命はどこまで伸びるか

1688 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「寿命はどこまで伸びるか」

長寿国日本・・衛生環境や食生活の改善で、
平均寿命はどんどん延びていく。
「人生100年」も夢ではない今の時代、
いったい人間は何歳まで生きられるだろうか。

医療が急速に進歩する以前、明治から大正の頃の
日本人の平均寿命は約40歳だった。
それが現在、予想できる寿命の限界はおよそ115歳。

今、医学界はある種の遺伝子に注目している。
細胞が分裂するとき、遺伝子情報が書き込まれた
DNAは、同じ情報を持つ複製を作っていく。
ところがその過程で、わずかだが傷が付く。

医学界注目のこの遺伝子は、DNAに傷が付かないよう
調整する機能を持つ。この機能が働かないと、DNAが
もろくなり、寿命が半分になってしまう。
この遺伝子が活発にすれば、寿命が伸びることになる。

人間の細胞は、50~60回分裂すると細胞分裂が終了
する・・それが老化の一因になる。
ただ体の中には、新しい細胞を作り出す幹細胞がある。

現在の研究で、約300種類の細胞が、老化に何らか
関わっていることが分かっている。
通常細胞は、自ら死んで壊れるか、免疫細胞に食べられ
て消えていく。
ところが、寿命を伸ばす働きをする複数の細胞は、
なぜか体内に留まって、寿命を伸ばす役割を果たす
ことがわかってきた。

一方、老化を促進する細胞は、炎症を起こす様々な物質
を体内にまき散らす。その量が増えると、ガンや認知症
など、加齢に伴う病気の引き金になる。

食事や運動、生活習慣の違いが、遺伝子要因以上に老化
に大きく影響する。「不老不死」は古今東西の関心事です。

老いがどのように訪れ、何が寿命を決めるのか?
世界は、科学的手法を駆使してその答えに迫り、長寿の
鍵を見つけ出そうと、懸命に研究がなされているのです。

                                                                    日本経済新聞

2019年03月19日

お蔭さまでの心で暮らしたい

1689 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
幸せな人生
「お蔭さまでの心で暮らしたい」

夏が来ると   冬がいいと思う
冬になると 冬がいいと思う

太ると 痩せたいと思う
痩せると 太りたいと思う
閑になると 忙しい方がいいという

自分に都合のいい人は 善い人だとほめ
自分に都合が悪くなると 悪人だと敗す

借りた傘も 雨が上がれば邪魔になる
金がたまれば 古びた女房が邪魔になる

衣食住足り 昔に比べれば天国だが
下を見ず上ばかり見て 不平不満の明け暮れ
隣を見て 愚痴ばかり

どうして自分を見つめないのか
静かに考えてみるがいい 一体自分は何なのか

親のお蔭 先生のお蔭
世間様のお蔭のかたまりが 自分ではないか

つまらぬ自我妄質執を捨てて 得手勝手を慎んだら
俺が俺がの「我」を捨てて
お蔭さまで お蔭様で暮らしたい

メルマガ購読受付

このブログの記事をメルマガで定期的にお届け致します。

メルマガ購読のお申し込みはこちら >>

About 2019年03月

2019年03月にブログ「吉村外喜雄のなんだかんだ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2019年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36