« 2022年07月 | メイン

2022年08月 アーカイブ

2022年08月04日

EV車購入時の補助金の額は?

2047 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
「EV車を購入する時の補助金の額は?」

二酸化炭素削減が急がれる中、日本のEV車普及は
これから。経産省は2035年までに、ハイブリッド車と
電動車で新車販売を100%にする目標を掲げている。

そこで気になるのが、EV車の販売価格が高額なこと。
経産省は今春、今まで最大40万円だった購入補助金を
条件付きで85万円に・・軽自動車のEVも最大20万円
から55万円に拡大された。

気にかかる充電設備・・一般家庭のコンセントを利用する
場合、工事費は約10万円。充電コードと一体型の壁掛け
タイプは20万円以上・・現在、個人住宅向けの国の補助
制度はない。
電力会社の夜間割引プランを利用し、料金が安くなる夜間
に充電するとよい。
EV車に蓄電した電力を家庭で利用する場合の「
V2H
充放電」は高額だが、設備費の2/1、上限75万円まで
補助が受けられる。
自宅の電力供給源としてEVに蓄電しておくと、災害時の
備えになり、2~4日間電力をまかなうことができる。

税制面では、排出ガス性能や燃費性能に応じて自動車税が
約75%削減されるが、当然EV車も対象となる。
エコカー減税・・環境対応車の性能に応じて自動車重量税
を軽減。
自動車取得税を廃止して環境性能割を導入・・
税率は燃費性能に応じて決まる。

次に気になるのが、ガソリン代と電気代・・どちらがお得
か?・・どの車種を選ぶかで大きな差があり、回答は困難。

2022年08月06日

少年雑誌から垣間見る男女の精神構造

2048 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
女(男)の言い分
「少年雑誌から垣間見る、男女の精神構造」

少年誌と少女誌には、大きく違うところがある。
少女誌は、読者の年代別にいく種類もあるのに対し、
男性は小中学生も30代も、同じ雑誌を手に取りって楽し
む。
講談社の「なかよし」は小学生の女の子向きだから、
友情や親子関係。「少女フレンド」は中学生向きに初恋。
高校生以上が読む「m i m i 」は恋の葛藤など・・
年代ごとに漫画を描き分けている。

しかし「少年マガジン」は、子供も大人も年齢に関係なく
全世代の男性が手にとって読む。
少年誌の編集者に聞くと、「世代別の好みの違いはなく、
男性にウケるシーンは全世代同じです」との答え・・
「どんなシーン?・・闘って勝つシーンです」

少年雑誌から垣間見る、男女の精神構造の違いは無視
できない。男はいつまでもロマンチスト。
女はリアリストで、自分たちの身の回りの現実に関心
を示す。
成人男性の多くは、雑誌の見開きに美しい女性のヌード
写真があれば満足する。
しかし思春期の女性向けの雑誌は、それでは満足できない。

男女が絡み合うシーンを、微に入り細に入り文章で読み取
る内容でないと納得できず、満足できない・・
男性は恥ずかしくて、読む気にはならない。


                                                   漫画家/里中満智子 

2022年08月11日

夏に多い食中毒・寄生虫アニサキス

2046 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
「夏に多い食中毒・寄生虫アニサキス」

妻が夜中に激しい腹痛を訴え、翌朝病院に駆け込んだ。

胃壁に白い糸状の寄生虫が取り付いていた。
内視鏡でつまみ出した線虫は、約1.5㌢のアニサキス
前夜寿司店で食べた鯖の鮨が中毒の原因でした。

アニサキスの幼虫はアジサバなどの魚介類に寄生する。
人間の体内に入ると、胃の粘膜を突き破るなどして激痛
を起こし、食中毒になる。
厚労省によれば、年間に発症する食中毒のほぼ半数が、
この線虫によるという。

予防は、魚介類を生で食べるとき、アニサキスを取り除い
て調理しているかがポイント。マイナス20度で24時間
以上冷凍するか、煮れば死滅する。
酢で絞めて調理しても死なない。

夏の食中毒で怖いのは、サルモネラ菌などの細菌による
食中毒。食品に付着した菌が、気温が20度を超えると
繁殖して、食品の安全性は保証できなくなる。

肉や魚に
菌がついている恐れがあるため、生食の野菜
サラダなどに触れないようにする。調理時も肉・魚用と
野菜用で、包丁やまな板を使い分けるようにする。

メルマガ購読受付

このブログの記事をメルマガで定期的にお届け致します。

メルマガ購読のお申し込みはこちら >>

About 2022年08月

2022年08月にブログ「吉村外喜雄のなんだかんだ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2022年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36