« 思い込みの怖さ | メイン | 「蛇足」の由来 »

自由に、伸び伸びと、個性豊かに…

■戦前の「小学校修身教科書」から…「克己(こくき)」
 
高崎正風は、薩摩の武士の家に生まれた。九歳の頃、或朝、食事の時に
「御菜(おかず)がまずい」と言って、食べませんでした。
召使は、何か他に御菜をこしらえようとしますと、隣の間に居た母が来て…
 
「お前は武士の子でありながら、食べ物にわがままをいいますか…
 昔、いくさの時には、 殿様さえ召し上がりものがなかったこともあるという
 ではありませんか…どんなに苦しくても我慢をしなければ、よい武士には
 なれません…この御菜がまずければ、食べないがよろしい」
 
と言って、正風の膳を持ち去りました。正風は母の言葉をひどいと思い
ましたが、遂に自分の我がままであったことに気づいて、何度も母に詫び、
姉もまた侘びてくれましたので、許されました。
 
以後食事について、決して我がままを言うまいと誓いました。
それからの正風は、この誓いを守るばかりでなく、どんな難儀なことでも
よく我慢したので、後にはりっぱな人になりました。
 
※「てんびんの詩」の少年と母親、姉の姿が浮かんでくる…
 何でもかんでも、戦前の教育は悪いと否定せず、
 このような道徳・ 倫理教育は大いに強化すべきでしょう。
 
 
865 【心と体の健康情報】
~子育て~
「自由に、伸び伸びと、個性豊かに…
 
米国在住25年、松尾 和先生の講演から…
子育てを一生懸命する中で親が育ちます。どんな親になるかは、 子供がりはるかに重要なのです…
 
戦後教育で、子供は自由に、伸び伸びと、 個性豊かに育てるのが良いとされきました。この米国から入ってきた「自己中心的思想」が、 日本を駄目にしていです。秩序ある社会の中で暮らしていくには、「自由に伸び伸びと…」 といういきません。
 
毎年繰り返される、成人式での騒動がそう… 「自がいい」 ということは、 「不自由がいけない」 ということになります。
不自由が良くないのであれば、結婚も不自由、 子育ても不自由ということになる。
 
不自由は嫌だからと離婚し、子育てを放棄してしまう 会社勤めは、人の自由を束縛するから、 フリーターのような生き方を選択する。
何不自由なく育ってきた若者たちに、「不自由の中に本当の幸せがある」 を、 どうすればわかってもらえるでしょうか? 
子育ては大変です…手のかかる子育ての中ら、ぶことが沢山あるのです…
 
学校教育システムなどというものは、人類の歴史において、 つい最近作られたものです。人類が良かれと思って作った制度やモノも、普及すると、 とんでもない害及ぼしてしまうものが、幾つもあります。
 
自動車は大気を汚し、農薬は生命を脅かします。 その一つに義務教育があります。 その教育システムが、家庭の崩壊を招いてるのです。
教育の場での「自由に、伸び伸びと、個性豊かに」… がいけないのです。
”戦前の教育”日本を滅ぼしたように、”戦後の教育”もまた、今の日本を、危機に陥れているのです。
 
伸び伸びは「明るくて、積極的で、元気な子」 ということですが、これを”教育者”が言うから善くないのです。
この言葉は「自由」と一緒に米国から、日本の教育界に入ってきた言葉です。
「競争社会に向いた子供が評価される」…そうした米国の自由思想が、日本に持ち込まれ、 自分さえ良ければいいという「個人思想」をあおるのです。
 
「優しくて、消極的で、弱々しい」性格の子供はどうなるのでしょう?
そんな子供は評価されず、誰からも目をかけてもらえず、いじめられる教育環境なのです。
歴史に残る偉業を成し遂げた人も、子供時代は、性格が暗かったり、病弱だったりして、 目立たなかったのです。
 
ベートーベンは暗くて嫌な性格でした。松下幸之助は病弱で、宮沢賢治は「伸び伸びと」 のイメージには、ほど遠い性格でした。
演歌歌手の都はるみや伍代夏子も、子供の頃は人前に出ることが大の苦手でした。
 
「伸び伸びとした子が…良い子」だとする、偏った考え方になってしまうのが、教育の怖いところです。
競争社会には向かない性格の子供であっても、その子が持つ才能を見出し、開花させていく…それが 「子供を育てる」ということではないでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1497

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)