« 歴史から学ぶ「韓国・過去清算」 | メイン | 歴史から学ぶ 「竹島の領有権(2)」 »

歴史から学ぶ 「竹島の領有権」

          q
慰安婦問題への謝罪を執拗に求めてきた韓国。
今後また蒸し返すようなら、日本も「李承晩
ライン」に於ける日本漁民の被害を韓国に示
し、断固謝罪と補償を求めるべきでしょう。


          
1357 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
歴史から学ぶ 「竹島の領有権」


竹島は、二つの小島とその周辺の、計37の岩礁からな
り、総面積は東京ドーム5個ほどの大きさの島です。
周囲は断崖絶壁で飲料水に乏しく、人の住めない無人島

です。 その竹島・・日本領なのか、韓国領なのか?


17世紀半ば、米子の漁民が竹島周辺で漁を営んだこと

から、実質的領有権が確立していた。


1952年サンフランシスコ講和条約発効直前の1月、

李承晩大統領は「李承晩ライン」と呼ばれる一方的・
独断的軍事境界線
を引き、竹島は韓国の支配下にあると

宣言した。

このラインの韓国側に竹島が入った。この海域内での

漁業は韓国船しか行えず、周辺で漁をする日本漁船を
次々
拿捕した。
日本は直ちに抗議したが、まだ敗戦国・独立を果たす

で、立場は弱かった。
当時韓国政府は、日本が独立する際に、竹島を韓国領と
するよう米国に求めたが、要求は却下されている。


その後1965年(S40)の日韓基本条約締結までの
間、日本漁船328隻を拿捕し、 日本人44人を死傷
させ、3929人が韓国 に抑留された。


1905年に、日本政府が竹島の島根県編入を閣議決定
していることから、2005年島根県議会は2月22日
を「竹島の日」と定めた。


竹島周辺では韓国の漁船が多数操業し、島根県の漁民の
不満が募っていた。竹島が日本領であることをアピール
しようと条例で「竹島の日」を定めたのです。

この動きに韓国政府は猛反発。
竹島をあくまで「独島」

という自国の領だと主張・・1953年の武力行使で
竹島を占領して以降、韓国の武装警察官を
常駐させ
実効支配を継続して
いるのです。

 

                             池上彰「そうだったのか!朝鮮半島」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2004

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)