« 幸せな老後を望むなら・・ | メイン | 井原西鶴の堅実経営法 »

小さな仕事をバカにしない

「営業訓」 フランスベッド(株)

一.信念を持て。信念は心の糧、
      何ごとも打破する強力な武器である。

二.一秒を二秒に活かせ。
      時間は黄金にまさる。

三.無理な仕事でも一度はやれ。
      やらずして結論を出すのは最も危険である。

四.仕事に情熱を持て。
      失敗するか成功するかは、人の能力よりも、
      情熱の度合いによって決まってくる。

五.創意工夫を忘れるな。
      アイデアの泉は尽きることなく、
      君と企業を繁栄に導いてくれる。



1436
【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「小さな仕事をバカにしない」

『 自分の出来ることを精いっぱいやる!
  英雄とは、自分の出来ることをやった人だ。
  凡人は、自分の出来ることをせず、
  出来もしないことをしようとする人だ。

  夢を追うのはいい・・しかし、できもしないこと
  ばかりを言いつのって、自分の目の前にある
  仕事をやらない人間は、絶対に成功しない 』

これは、イギリスに本社を置き、世界22カ国に
2万5千人の従業員と、年商40億ポンド
7300億 円)のヴァージン・グループの総帥
リチャード・ブランソンの言葉です。

1970年に古レコードの通信販売会社を創業し、
低価格・高サービスを売り物に、音楽・映画・航空旅行・
鉄道・金融など、多くの分野に進出。
日本の財閥・総合商社をモデルに成長した企業である
ことが特筆される。

レコード販売で成功したブランソンは、33歳の時に
ボーイング747を1
機購入し、ロンドン~ニューヨー ク
間に就航させた。
ブランソンの航空業界参入に対して、「レコード屋が
つくった飛行機会社なんて落ちるに決まっている」
と世間はバカにした。

そうした風評にもブランソンはくじけず、料金を安くし
、シートにテレビを内臓するなど、様々な創意工夫で
同社を一流航空機会社に成長させた。

彼のチャレンジは留まるところを知らず、携帯電話や
金融ビジネスにも進出。
コーラなどの飲料販売、宇宙旅行会社も立ち上げた。

                       理念と経営「小さなコンセプト」より

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2082

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)