« 心やすらぐ座禅(2) | メイン | ことば遊び 「冬の魚”鱈”の語源」 »

おかげさまで

■「寒い」と思うのは・・

北海道北端の知床の1月は、海水温の影響でマイナス
3~4度・・プラスの日もあるという。私たちが思って
いるほど寒くないのです。
2月上旬、知床に流氷が押し寄せると、気温は一気に
下がりマイナス10度になる。そして「今年も冬が来た
」と挨拶を交わすのです。

金沢は、昭和56年の大豪雪以降雪が降らなくなった。
平均気温は4~5度と暖かく、氷が張ることもまれ。
しかし、みんな「寒い寒い」と言う。
蔵王のー20度の耳がちぎれる寒さの中でスキーを楽し
み、毎年正月、伊豆や伊勢の海に潜っていた私には、
北陸の冬は寒くないのです。



1569 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
幸せな人生 「おかげさまで」

~ おかげさまで ~

夏になると   冬がいいという
冬になると   夏がいいと思う

ふとると   やせたいと思う
やせると   ふとりたいと思う

いそがしいと   ひまな方がいいという
ひまになると   忙しい方がいいという

自分に都合のいい人は   善い人だとほめ
自分に都合が悪くなると   悪い人だと敗す

借りた傘も    雨が上がれば邪魔になる
金が貯まれば    古びた女房が邪魔になる

衣食住   昔と比べれば天国なのに
上ばかり見て   不平不満に明け暮れる

隣を見て    愚痴ばかり
どうして自分を見つめないのか
静かに考えてみるがよい    一体自分は何なのか

両親のおかげ    先生のおかげ
世間様のおかげのかたまりが    自分ではないですか

つまらぬ自我妄執を捨てて    得手勝手を慎んで
俺が俺がの「我」を捨てて
おかげさまで    おかげさまの心で暮らしたい

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2217

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)