« (9)働く世代とAI革命 | メイン | 坐禅から学ぶこと »

10年後AI時代に必要な人間は?

■AIの普及で生じるリスク

・自動運転車の判断ミスで事故

・プライバシーの侵害

・遠隔操作に頼らない自律兵器が、
  人間の生死を選別



1582  「吉村外喜雄のなんだかんだ」
「10年後AI時代に必要な人間は?」

私の孫は小学校5年・・10年後大学を卒業する頃
「今は存在していない職業」に就くだろう。
今在る職業の半数はAIに取って代わり、就職の対象で
はなくなるからだ。

10年前は携帯電話オンリーの時代・・IPHONEが
ここまで普及し、便利になろうとは夢にも思わなかった。

AIやIOTなどの技術革新は、世の中が冬から春へ
山の景色が一変していくように速い・・

10年後にはスマートフォンも、公衆電話や黒電話と
同列に「昔愛用した道具」になってしまうかも・・

人間には、過去に学び蓄積した複数の情報を、創造力を
発揮して様々な分野で活かしていく能力がある。

ロボットは失敗しても責任を取ることはない。
AIから得た情報を、最終的に活かし判断するのは、
人間である。
故に.、優れた人工知能を有する「第4次産業革命」の
時代にふさわしい人材を育てる
には、判断能力を養い
高める
教育が必用になり、重要になってくる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2230

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)