« 輝く人生とは | メイン | ピーター・ドラッカー(2) »

人生は目標とビジョン

■ピーター・F・ドラッカーの名言

  ドラッカー13歳のとき 宗教の先生が生徒に
   「何によって人に憧れたいかね?」と尋ねた。
  しかしその問いに、誰も答えられなかった。

  先生は笑いながらこう言った。
  「今答えられるとは思っていない。しかし・・
    50歳になっても答えられなければ問題だよ。
   人生を無駄に過ごしたことになるからね・・ 」



1590 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
~ピーター・ドラッカーの思想
「人生は目標とビジョン」

ピーター・F・ドラッカーは、その人生で7回精神的な
節目が訪れたという。そのことが、その後の思想形成に
影響した。その1と2を紹介します。

■最初の教訓
「目標とビジョンをもって行動する」
この教訓を得たのは、ドラッカーがハンブルク大学に
通いながら、商社の見習いをしていた頃です。
当時彼は、週一回オペラを聞きに行くのを楽しみにして
いた。
ある夜、信じられない力強さで人生の喜びを歌い上げる
オペラを耳にし、その作者が八十歳を越えたヴェルディ
であることを知った。

「なぜ八十歳にして、並外れた難しいオペラを書く仕事
に取り組んだのか」の質問に対しヴェルディは、
「まだまだ満足できないでいる。だから更にもう一度、
挑戦する必要があるのです」と答えたのです。

天才作曲家ヴェルディが、八十歳に発したこの言葉は、
一商社の見習いだったドラッカーの心に火をつけたの
です。
何歳になっても、いつまでもあきらめずに挑戦し続ける
この言葉から、「目標とビジョンをもって行動する」
ことの大切さを学び、その後習慣化するように心掛けた
ことが、ドラッカーの偉大な思想が生まれる、最初の
体験になったのです。

その頃彼は、ある有名なギリシャの彫刻家に関する本を
読んだ。これが二つ目の経験になる。
この彫刻家は、アテネのパンテオンの屋根に立つ彫刻群
を完成させたことで知られている。

完成後、彫刻家の請求書を見た会計官が、「彫刻の
背中は見えない。その分まで請求するとは何事か!」と
咎めたところ「そんなことはない・・神々が見ている」

この話を読んだドラッカー
「たとえ神しか見ていなくても、完全を求めていか
なけ
ればならない」
と肝に銘じたのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2239

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)