« ポスト平成・・生きるヒント | メイン | 負けない人・藤井聡太 »

平成から新時代へ

1605 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
「平成から新時代へ」

昭和44年、大手の住宅会社を脱サラ起業した私。
妻や両親、兄弟から「外喜雄のバカが! 何考えている」
と非難され、四面楚歌の状態でし
た。

高度経済成長期にあって、脱サラ起業したからといって
成功する確率は低いし、不安定だ。
「寄らば大樹の陰」・・しっかりした会社に勤めている
方が絶対安心なのです。

ところが平成に入ると、そうした名のある企業が次々
凋落し、無名の企業が成長していく、ドラスティックな
動きが目立つようになった。

こうした変化は『一流大学を出て一流企業に就職する』
それまでの「幸せモデル」の神話が崩れたことを意味す
る。
平成に入ると「何が幸せで、どうしたら幸せになれるか」
価値観が多様化し、将来が見通せなくなった。

インターネット関連企業、グーグルやフェイスブック
などが次々登場し、携帯はガラ系からスマホへと・・
生活スタイルがわずかの間に大きく変化していった。

情報技術ITやAIが普及していく、第4次産業革命の
中で「ITは難しい・・苦手」と自ら壁を築いてしまう
企業や住民の間に、隔絶が生じていく。

経営者も個人も、ITやAIの利便さを理解できずに、
取得をためらっていると、恩恵を享受できず、時代から
取り残され、社会の変化についていけない、人生の負け
組になってしまうのです。

                                                               読売「生きるヒント」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2254

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)