« 人間誰にも長所と短所がある | メイン | 期待を込めてほめる »

人間誰にも長所と短所がある(2)

1628 【吉村外喜雄のなんだかんだ】
幸せな人生
「人間誰にも長所と短所がある(2)」

短所や欠点はなくならない。なくさなくてもいい。
短所があるから謙虚になれる。ムリに性格を変えなく
もいいし、変わらない・・変える必要はない。

自分にも短所があることを自覚し、短所が表に出ない
よう努力する。この努力が相手に対する””になる。

変わらなくてもいい、変えなくてもいい。
「変わろう、変わらなければ」との思いが、
強いストレスになる。
変わらなくてもいい・・成長すればいい。
成長すると変化するのです。

「変わらなければいけない」という気持ちの裏には、
「今の自分が嫌い、今の自分ではダメ!
このままではダメ」という思いがある。

短所や欠点があって当たり前・・
受け入れることです。許すことです。認めることです。
「こうあらねばならない」への思いが自分を縛り、
苦しめる。
他人と比べる必要はない。「そのままでいい」

ということは、何もしなくていいということではない。
短所はあってもいい。
短所のある自分を認めること・・短所はできるだけ表に
出さないようにして、「長所を伸ばす」努力をする。

今の自分を受け入れることから始まる

変わらなくてもいい・・成長すればいい。

                              
「感性論哲学」芳村思風語録より

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2277

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)