« この命、何のために使うか(2) | メイン | 幸せな人生 「才と徳(2)」 »

幸せな人生 「才と徳」

1648 「吉村外喜雄のなんだかんだ」
幸せな人生 「才と徳」

人間形成の過程で大切なものに「才」と「徳」がありま
す。
才は、私たちが物事を進めていくうえで必要な能力
で、「知識」と「技術」の2つが中心をなします。
一方「徳」は、人間の値打ち・人格を決めるものです。

全国を統一した徳川家康は、各藩に学問を奨励し、
朱子学を中心とする儒学の普及に努めました。
その結果、武士の生き方に”徳”の学が入り、武士道が
確立されました。

今日の日本で、才に長けた政治家や経営者の名前は
数多く挙げられますが、徳をそなえた者は、直ぐには
思い浮びません。

今年のプロ野球を制するのは広島でしょうか?それとも、
ソフトバンクでしょうか?
子供の頃から才能を発揮し、後世に名を残す名選手が
監督になり、チームを率いたら、成功するかといえば
そうはならない。

組織の中の一員として自らの才を発揮し、才を磨いて
成果を出し、才を更に高めていくことが、組織のためで
あり、求められるのです。

しかし、コーチや監督として、組織を束ねる立場になれ
ば、才に長けているだけではチームはまとめられません。
組織をまとめ、チーム一丸と総合力を発揮させるには、
”徳”をそなえたリーダーが、必要になってくるのです。

                                          谷崎利男「日本人の誇り」より

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.noevir-hk.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2297

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)